ALNEA note

沼おじさんの趣味と興味の世界

オールドレンズと散歩

f:id:ALNEA:20210408204341j:plain

α7RII / Carl Zeiss Ultron 50mm F1.8 M42 / 東京都 新宿区 / 新宿御苑 / 2021.3.27


今日も桜を見ながら御苑をぶらぶらしようか・・通勤途中の桜も完全に散って新緑の緑に姿を変えたけどこの日は満開だった。

レンズは50年以上前のオールドレンズ。マニュアルフォーカスだから最近はのんびりしっかり撮影出来る時にしか使わない。

さて、人が少なく見晴らしのいい場所があったら、途中で買ってきたおやつを食べようと思い始めていた沼おじさんだった・・

 

f:id:ALNEA:20210402002933j:plain

α7RII / Carl Zeiss Ultron 50mm F1.8 M42 / 東京都 新宿区 / 新宿御苑 / モミジバスズカケノキ / 2021.3.27

 

そんな時、佇まいの美しい見事な巨木に心を奪われた。桜の木ではないよ、巨木の手前に桜が咲いていたので重ねて撮ってみた

木の下に『 London Planetree 』と書いてあった。調べると『 モミジバスズカケノキ 』ロンドンでは街頭で良く見られるそう

 

f:id:ALNEA:20210402002926j:plain

α7RII / Carl Zeiss Ultron 50mm F1.8 M42 / 東京都 新宿区 / 新宿御苑 / モミジバスズカケノキ / 2021.3.27

 

スズカケノキより『 プラタナス 』って言った方が馴染みがある様な無い様な ww コイツは巨木過ぎて模様がわかりにくいけど

軍隊の服みたいな迷彩模様の樹皮の木を街中で見た事あるでしょ、アレがプラタナス。しかしこの巨木はほんとイカしてたなぁ

 

f:id:ALNEA:20210403000621j:plain

α7RII / Carl Zeiss Ultron 50mm F1.8 M42 / 東京都 新宿区 / 新宿御苑 / ハリッツのシナモンドーナツ / 2021.3.27

 

巨木をすっかり気に入ってココでおやつを食べる事に・・来る途中、用事があったので小伝馬町に寄り道した沼おじさん。

『 ハリッツ 』と言う店でドーナツ買うた。シナモンドーナツにプレーンとチョコバナナも ww  全部ウマウマでした。

シナモンは小伝馬町限定って書いてあった気がするけど・・多分どれを食べても美味いだろうな、生地が美味かったから ww

 

f:id:ALNEA:20210410003515j:plain

α7RII / Carl Zeiss Ultron 50mm F1.8 M42 / 東京都 新宿区 / 新宿御苑 / 2021.3.27

 

誰が見てもドーナツを食べた事がバレるくらい、口の周りから鼻の先まで粉砂糖まみれになって散策を再開 www

サクラの木の隙間からエンパイアステートビルみたいな NTTドコモタワーが覗く。サクラの下の『 ヤマブキ 』も咲いていた。

でも広場側からだと逆光だったのでグルッと散策して裏側へ回ったら、サクラもヤマブキもめっちゃ鮮やかで綺麗だった・・

 

f:id:ALNEA:20210402235016j:plain

α7RII / Carl Zeiss Ultron 50mm F1.8 M42 / 東京都 新宿区 / 新宿御苑 / ヤマブキと桜 / 2021.3.27

 

ほら〜 ww 最近街中でも黄色いバラが良く咲いているのを良く見る。ヤマブキもバラ科みたいだからそういう時期なのかな。

 

f:id:ALNEA:20210402002912j:plain

α7RII / Carl Zeiss Ultron 50mm F1.8 M42 / 東京都 新宿区 / 新宿御苑 / 2021.3.27

 

薄暗い林の中では地面から何かの新芽が沢山顔を出している。種が沢山落ちているから、そりゃ自然と発芽するよね。

沼おじさんの植えたモクレンの種は3つくらい発芽すればいいやと思ってたら、もう20個近く発芽している www

でも本葉まで出てきたのはその半分だ、発芽しても上手く成長出来ないのもいるね。それでも十分な数が生えたと思う。

 

f:id:ALNEA:20210402235026j:plain

α7RII / Carl Zeiss Ultron 50mm F1.8 M42 / 東京都 新宿区 / 新宿御苑 / ハクモクレン / 2021.3.27

 

そう言えば、楽しみにしていた『 ハクモクレン 』の老木は咲き終わってしまっていた・・やっぱり2週間遅かったね。

この枝先全てに大きな白い花が咲く姿を想像してほしい ww  街頭のモクレンもほぼ散っていたので分かってはいたけど残念。

 

f:id:ALNEA:20210402002940j:plain

α7RII / Carl Zeiss Ultron 50mm F1.8 M42 / 東京都 新宿区 / 新宿御苑 / ハクモクレン / 2021.3.27

 

紫のモクレンは低木だけど白モクレンはこんなに立派に大きくなる。このハクモクレンは江戸時代からあるものなんだって。

ウネウネと無数の枝を伸ばしながらもシルエットが綺麗なんだよね、大切に手入れしてんだろうな。

 

f:id:ALNEA:20210408210846j:plain

α7RII / Carl Zeiss Ultron 50mm F1.8 M42 / 東京都 新宿区 / 新宿御苑 / 2021.3.27


池の桜も綺麗だった、手前のボケている白い花は『 コブシ 』です。もう咲き終わりではあるけどまだ花は付いていた。

コブシの種もモクレンと一緒に植えたんだよね、一応3つ発芽しているんだけどまだ葉が開くまでには至っていない。

 

f:id:ALNEA:20210402003022j:plain

α7RII / Carl Zeiss Ultron 50mm F1.8 M42 / 東京都 新宿区 / 新宿御苑 / ハナニラ / 2021.3.27

 

これは『 ハナニラ 』可愛い花。園内には色んな花が咲いていて、他には『 ムラサキハナナ 』ってヤツが特に目に付いた。

妻が『 ハナダイコン 』と言っていたけど、名前が違う・・調べたら見た目がほぼ同じだから混同する人が多いんだとか・・

 

f:id:ALNEA:20210402003001j:plain

α7RII / Carl Zeiss Ultron 50mm F1.8 M42 / 東京都 新宿区 / 新宿御苑 / 2021.3.27

 

閉園時間が近ずいてきたのでもう帰ろう・・夕暮れ間近の空模様とシルエットになった冬枯れの枝が重なって綺麗だった。

オールドレンズの柔らかな描写がよく合うね、気難しい部分もあるけど面白い空気を作ってくれる時はホント面白い ww

 

f:id:ALNEA:20210402003015j:plain

α7RII / Carl Zeiss Ultron 50mm F1.8 M42 / 東京都 新宿区 / 新宿御苑 / 2021.3.27

 

新しいチャレンジも楽しいけど、ちょっと前のブームにもう一度向き合うのも悪くないなと思った沼おじさんでした。

でも昔はマイクロフォーサーズのカメラで遊んでたからフルサイズ用のマウントアダプターが揃ってないんだよね・・

マクロスイターとかお気に入りのレンズで装着できないのもあるので、この勢いで買っちゃってもいいかな・・な〜んて ww

 

にほんブログ村 写真ブログへ

ウィステリア

f:id:ALNEA:20210407002649j:plain

α7RII / Kilfitt Makro kilar D 40mm f2.8 / 埼玉県 秩父市 横瀬町 / 2018.4.22

 

秩父寺坂棚田へ行ったついでに芝桜を見ようと羊山公園に向かってぶらぶらしていると、イカした角地建築を発見 www

鋭角な角地に建つ建物はそのギリギリのスペースに合わせた面白い造形の建物が多いので、ついつい愛でてしまう沼おじさん

 

f:id:ALNEA:20210407004419j:plain

α7RII / Kilfitt Makro kilar D 40mm f2.8 / 埼玉県 秩父市 横瀬町 / 2018.4.22

 

壁に屋根の名残があるので昔はもっと長かったハズだが・・取り壊さて駐車場になったのか、おかげでこのポツンと感 ww

そしてシンプルな形状ながら抜け目のないトタンのディテールが味わいを増す・・そこに輪をかけて藤の花よ・・・

 

f:id:ALNEA:20210407002707j:plain

α7RII / Kilfitt Makro kilar D 40mm f2.8 / 埼玉県 秩父市 横瀬町 / 2018.4.22

 

淡白で無骨な建物に色鮮やかな藤の花が添えられて、決して捨て置けない存在へと昇華しているのだ・・もはや二つで一つ。 

 

f:id:ALNEA:20210407002701j:plain

α7RII / Kilfitt Makro kilar D 40mm f2.8 / 埼玉県 秩父市 横瀬町 / 2018.4.22

 

素晴らしい・・そう言えばデビッド・リンチ監督が新作を作るらしいね、タイトルは『 ウィステリア 』と言われている・・

ウィステリアって何だろうと思ったらまさにこの『 藤 』の事だった・・前作ツインピークスのスタッフ絡みらしいし

カイル・マクラクランも出演するかもって話で、ツインピークスの続編だったらいいなと期待している沼おじさんです ww 

今回はNetflixだから予算も自由度もありそうだし、続編じゃなくてもリンチワールド全開なら何でも面白そうだ。楽しみ

 

にほんブログ村 写真ブログへ

久しぶりにオールドレンズと

f:id:ALNEA:20210401001951j:plain

α7RII / Carl Zeiss Ultron 50mm F1.8 M42 / 東京都 新宿区 / 新宿御苑 / 2021.3.27

 

先月末は桜が満開でしたね、でも早いもので一週間もたつとすっかり葉桜へと姿を変えてしまった・・どうも沼おじさんです。

コレは新宿御苑の桜。今年は見れないかと思ってたけど、3/16〜4/25までは入場制限してるのか事前予約で入れるのね

 

f:id:ALNEA:20210403004735j:plain

α7RII / Carl Zeiss Ultron 50mm F1.8 M42 / 東京都 新宿区 / 新宿御苑 / 2021.3.27

 

と言うワケで、先月末の土曜に妻が予約していたので新宿御苑へ行ってきた。それなりに人はいたけど間隔は十分とれる。

同居家族を省いて5人以上の集会飲食の禁止とかは当然あるけど、それ以内だったら飲食もできる。アルコールは元々NG。

 

f:id:ALNEA:20210401001933j:plain

α7RII / Carl Zeiss Ultron 50mm F1.8 M42 / 東京都 新宿区 / 新宿御苑 / 2021.3.27

 

沼おじさんは下戸だからシンプルに桜が見れればいいんだよね ww  そう言う人にとってはとてもいい場所だと思っている。

広大な敷地のおかげで平常時でも歩くスペースはいくらでもあるから、人が多くてもそこまでゴミゴミしないからね ww

あちこちに様々な種類の桜が咲いているから入場してから一度休憩しただけで、ずっと桜に呼ばれて歩き回っていたのでした。
 

f:id:ALNEA:20210403005955j:plain

α7RII / Carl Zeiss Ultron 50mm F1.8 M42 / 東京都 新宿区 / 新宿御苑 / 2021.3.27

 

さて、それでは御苑をぶらぶらしよう・・この日は空がいい感じで、雲が薄っすら全体を覆っていたから桜が見やすかった。

ドピーカンでもないし曇っているワケでもないっていう、なんだか不思議な空模様で背景としても綺麗だったなぁ ww

 

f:id:ALNEA:20210401001939j:plain

α7RII / Carl Zeiss Ultron 50mm F1.8 M42 / 東京都 新宿区 / 新宿御苑 / 2021.3.27


敷地内に生える巨木も愛でながらぶらぶら・・ケヤキかな三又に生えた巨木の間に入りこみ下から仰ぎ見て喜ぶおじさん ww

そういえば今回は久しぶりにオールドレンズを付けて行きました。凹みウルトロンって愛称の西ドイツ時代のレンズだ。

その辺のマニアックな話はまた折を見てさせてもらおう・・ オールドレンズ沼時代のイカした生き残りレンズです ww

 

f:id:ALNEA:20210401001857j:plain

α7RII / Carl Zeiss Ultron 50mm F1.8 M42 / 東京都 新宿区 / 新宿御苑 / 2021.3.27

 

出かけるすんでまでデジタルのズームレンズを付けてたんだけど、何となく気が変わってこのオールドレンズを持ち出した。

そんな気分を逃すと次いつ使うかわからないからね・・ たまに使うと撮り方も変わってなかなか面白いものです。

  

f:id:ALNEA:20210404010710j:plain

α7RII / Carl Zeiss Ultron 50mm F1.8 M42 / 東京都 新宿区 / 新宿御苑 / 2021.3.27

 

桜並木もいいけど、新緑の緑と折り重なるとコレがまたいいんだよね。木々の向こうに高層ビルが顔を出す新宿御苑の景色。

f:id:ALNEA:20210401002019j:plain

α7RII / Carl Zeiss Ultron 50mm F1.8 M42 / 東京都 新宿区 / 新宿御苑 / ハチジョウキブシ / 2021.3.27

 

桜にサンドされていた緑は『 ハチジョウキブシ 』と言う木だった。名前の通り八丈島とか伊豆諸島に多く見られる木だって。

このツブツブの実が一面に垂れ下がる姿が面白くて、この時期来ると毎回撮っている気がする www

 

f:id:ALNEA:20210402002918j:plain

α7RII / Carl Zeiss Ultron 50mm F1.8 M42 / 東京都 新宿区 / 新宿御苑 / 2021.3.27


轟音と共にジャンボジェットが低空を飛んで行く・・羽田の空路が変わってホント飛行機がデカく見えるようになったな・・

 

f:id:ALNEA:20210402002947j:plain

α7RII / Carl Zeiss Ultron 50mm F1.8 M42 / 東京都 新宿区 / 新宿御苑 / 2021.3.27

 

飛行機は轟音を連れて青空に消えていった・・そこに残された景色は新鮮なカラーを混じり合わせて全てを帳消しにする。

まだ写真はあるけど、もう夜も遅いしコストコのケーキにお腹をメチャメチャにされたのでこの辺で ww  それでは〜

 

にほんブログ村 写真ブログへ

建長寺の虫塚とゾウムシ話

f:id:ALNEA:20210324005247j:plain

α7RII / FE 55mm F1.8 ZA / 神奈川県 鎌倉市 扇ガ谷 / 2020.8.8

 

鎌倉の裏路地をぶらぶら・・この辺りは山間にお寺が沢山あるから人力車が走り回っている。今日はここから始めよう・・

分かりにくいけどこの扇ガ谷踏切の手前には用水路が流れていて、その脇の細い小道を右に入って行った沼おじさん。

そのまま真っ直ぐ進んで山に入り、薄暗く情緒漂う亀ヶ谷坂切通を抜けると『 建長寺 』の近くの通りに出るんだよね・・

鎌倉へ来るといつもこんな裏道をぶらぶらする。これから建長寺の『 虫塚 』に来た事があったか確認しに行くところだ ww

 

f:id:ALNEA:20210324005300j:plain

α7RII / FE 55mm F1.8 ZA / 神奈川県 鎌倉市 山ノ内 / 建長寺  / 仏殿 地蔵菩薩 / 2020.8.8

 

大人500円だったか、建長寺は境内に入るのに拝観料を払わないといけない。ちょっと嫌だけど、境内の雰囲気は割と好き。

仏殿の『 地蔵菩薩 』の雰囲気も好き。そしてこの仏殿前の広場に植えられた樹齢 760年と言われる立派な古木も良い ww

 

f:id:ALNEA:20210324005240j:plain

HUAWEI Mate10 Pro / 神奈川県 鎌倉市 山ノ内 / 建長寺 / 柏槇 ( イブキ ) / 2020.8.8

 

この古木は『 柏槇 ( びゃくしん ) 』というヒノキ科の常緑高木で、年を重ねるほど幹がねじれて面白い表情になるそうだ・・

そんな力強い樹形は必ず見るものに何か感じさせる事だろう、そのせいか禅寺の庭にはよくこの木が植えられているんだって。

 

f:id:ALNEA:20210324005253j:plain

α7RII / FE 55mm F1.8 ZA / 神奈川県 鎌倉市 山ノ内 / 建長寺 / 柏槇 ( イブキ ) / 2020.8.8

 

和名は『 イブキ 』と言うそうで、話の流れから『 息吹 』だったら良かったけど・・滋賀県の『 伊吹山 』のイブキだった ww

さて、仏殿の裏には『 法堂 ( はっとう ) 』と言う建物がある。ここへ来てハッキリと以前来た事がある事を思い出した・・・

  

f:id:ALNEA:20210324020220j:plain

SD quattro / 18-200mm F3.5-6.3 DC Macro HSM Contemporary / 神奈川県 鎌倉市 山ノ内 / 建長寺 / 法堂 雲龍図 / 2016.7.10

 

その昔、建長寺は僧侶の修行道場だったようで、この法堂に僧侶が何百人も集まって住職の説法を聞いていたんだって・・・

その天井に描かれた『 雲龍図 』は法堂の何処から見てもこちらを睨みつけて来る。これでは僧侶も気が抜けなかったろう ww

沼おじさんもこの雲龍図を見て過去に写真を撮った事を思い出した・・これはその時の写真だ。5年前か・・・

ここへ来ているならば『 虫塚 』を見てないワケがない・・実際に来て見たのか、ネットで見たのか曖昧だったんだよね ww

 

f:id:ALNEA:20210324005351j:plain

α7RII / FE 55mm F1.8 ZA / 神奈川県 鎌倉市 山ノ内 / 建長寺 / 虫塚 / 2020.8.8

 

ここが『 虫塚 』・・うん、やっぱり来た事あるな ww  でも何か前と違うぞ・・5年前はもっと閑散としていたハズだが・・

周りに石のオブジェが増えてる気がする・・やっぱりちょっと寂しかったんだろうな。前は写真も撮ってなかったし www

この『 虫塚 』は平成27年 6月4日の『 虫の日 』に、養老孟司さん監修で建立された昆虫を供養する為の慰霊碑だ。

 

f:id:ALNEA:20210324005339j:plain

α7RII / FE 55mm F1.8 ZA / 神奈川県 鎌倉市 山ノ内 / 建長寺 / 虫塚 / 2020.8.8

 

石碑の横にあった石灯篭の中にテントウムシ地蔵みたいな子がいました。コレも以前来た時は無かった気がする・・・

ホント写真撮らないと忘れちゃうなぁ・・そもそも無かったから記憶がないのかもしれないけど、無かった事も覚えてない ww

 

f:id:ALNEA:20210324005313j:plain

α7RII / FE 55mm F1.8 ZA / 神奈川県 鎌倉市 山ノ内 / 建長寺 / 虫塚 / 2020.8.8

 

前胸に十字の入ったゾウムシのオブジェ、コレは無かったと思う。ゾウムシ好きの沼おじさんがコレを見たら覚えているハズ。

十字架みたいで丁度いいじゃんって思ったけど、ここお寺だからどうだろう ww でもこんな模様のゾウムシは実際にいる・・

 

f:id:ALNEA:20210324012833j:plain

SD quattro / SIGMA 24mm F1.4 DG HSM Art / 奄美大島 / ウスチャメカクシゾウムシ / 2017.9.8


これは奄美大島へ行った時に泊まった宿で見つけたゾウムシ。前胸 ( 頭と羽の間 ) に白い十字模様がハッキリと見えるよね ww

コイツは沖縄方面で見られる『 ウスチャメカクシゾウムシ 』7〜8mmくらいの大きめ ( これで大きめなんです ) のゾウムシ。

顔つきでクチカクシゾウムシだろうなとは分かっていたんだけど『 メカクシ 』と名前に着くヤツだったから検索に手こずった

クチカクシゾウムシ亜科のゾウムシは大体名前に『 クチカクシ 』が入るんだけど、たまに『 メカクシ 』ってのがいるのね・・

沼おじさんぐらいのゾウムシファンになると、顔つきで大体の種類が判別できるんだけど、それでも名前を調べるのは難しい。

因みにコイツは宿でお風呂に入ってたら天井から湯船に落ちてきた、この宿には『 オオゾウムシ 』も沢山いて最高だった ww

 

f:id:ALNEA:20210324005327j:plain

α7RII / FE 55mm F1.8 ZA / 神奈川県 鎌倉市 山ノ内 / 建長寺 / 虫塚 / 2020.8.8

 

そしてこの金網が虫塚の本体・・建築家の隈 研吾さんデザインで虫カゴ的なイメージなのかな。前はコレだけあった感じ・・

両脇を囲むゾウムシオブジェも無かった。この金網には苔が生える様になってると言う記事を読んだけど、未だ生えずだね。

 

f:id:ALNEA:20210324005319j:plain

α7RII / FE 55mm F1.8 ZA / 神奈川県 鎌倉市 山ノ内 / 建長寺 / 虫塚 / 2020.8.8

 

その中心には金網のオブジェの守られる様にゾウムシの石像が祀られている・・あれ?・・こんなだっけ、コレも変わった?

養老さんは『 ヒゲボソゾウムシ 』を熱心に観察されているから、ヒゲボソゾウムシ風の石像に交換したのかもしれないな ww

 

f:id:ALNEA:20210324005306j:plain

α7RII / FE 55mm F1.8 ZA / 神奈川県 鎌倉市 山ノ内 / 建長寺 / 虫塚 / 2020.8.8

 

そう、前はコレが金網の中にあった・・養老さんの別荘にあったものらしい。でもコイツは海外ゾウムシっぽいからね。

しかし何でこんなにゾウムシなんて馴染みのない昆虫のオブジェばかりなのかと思うかもしれないが、実はゾウムシはとても身近な存在なのだ・・ドングリや栗の中に入っている幼虫はゾウムシの幼虫だし、食べちゃった事のある人も多いだろう ww

郊外の緑地に行けばそれこそ一杯いるけど、東京の街中の街路樹にだってヒレルクチブトゾウムシやスグリゾウムシと言った連中をたまに見かける。以前、都内のオートロック付き新築マンションに住んでいた時に部屋の壁にサビヒョウタンゾウムシが張り付いていた時は流石にビックリした ww  でもコレらはいわゆる口の細長いゾウムシの形をしていないんだよね・・・

実際に見てもゾウムシだと分からない様な種類が沢山いるうえ、ゾウムシに詳しくても 1.5mm〜3mm くらい小さ過ぎて見えない種類がまたウジャウジャいるんだな。何たって日本産の分かっているヤツだけで1200種、分類待ちのヤツも含めたら最終的に約2000種くらいになると言われているんだから、身近でないワケがないよね。要は多様性が過ぎると・・面白い虫だよ。まぁ、そんな虫のそんな話だ・・目を凝らせばあなたの部屋にもいるかもしれない www

 

f:id:ALNEA:20210324005333j:plain

α7RII / FE 55mm F1.8 ZA / 神奈川県 鎌倉市 山ノ内 / 建長寺 / 虫塚 / 2020.8.8

 

農薬なんかのおかげで安定して食べられる食べ物もあるし、日常生活の中でもコバエや蚊を殺している。意識しないで踏み殺している虫もいれば、罠を仕掛けおびき寄せて殺している虫もいる。まぁ、たまにはこんな場所でそんな虫達の供養をするのもいいんじゃないかと思う沼おじさんです。

 

f:id:ALNEA:20210324005357j:plain

α7RII / FE 55mm F1.8 ZA / 神奈川県 鎌倉市 山ノ内 / 建長寺 / 半僧坊 参道 / 2020.8.8

 

更に奥へ進み建長寺の裏山へ、ここは建長寺の鎮守『 半僧坊大権現 』が祀られる山で、崖には天狗の像が立ち並んでいる。

この山の上から始まる『 天園ハイキングコース 』と言うのがあって、以前きた時はそこを歩くことが目的だったんだな・・

だから建長寺に来たと言うより、ハイキングの通り道だったと言うワケだ。そのせいで記憶が薄かったんだと思われる www

 

f:id:ALNEA:20210324005404j:plain

α7RII / FE 55mm F1.8 ZA / 神奈川県 鎌倉市 山ノ内 / 建長寺 / 半僧坊 / 2020.8.8

 

上まで登ってきました・・半僧坊の雰囲気はとても好き。拝観料にケチを付けてたのを恥ずかしく思うほど楽しませてくれる。

 

f:id:ALNEA:20210324005411j:plain

α7RII / FE 55mm F1.8 ZA / 神奈川県 鎌倉市 山ノ内 / 建長寺 / 半僧坊 / 2020.8.8

 

ここから建長寺の境内を見下ろすとタイムスリップした様な気分になるんだよな。空気が霞んでいたのも効果大だね ww

天気が良ければ左の山の奥に相模湾も見えるハズだ・・ここには『 富士見台 』と言う展望台もあって、富士山も見える。

 

f:id:ALNEA:20210324014430j:plain

SD quattro / 18-200mm F3.5-6.3 DC Macro HSM Contemporary / 神奈川県 鎌倉市 山ノ内 / 建長寺 / 半僧坊 富士見台 / 2016.7.10

 

今回は全く見えなかったけど、前回は上の方だけちょっと見えた・・雲がなかったら裾の方まで綺麗に見えるんだろうね。

前回はこの富士山を見た後に『 天園ハイキングコース 』に入ったんだけど、コレが全く記憶にないんだよな・・・

途中でヒゲナガゾウムシを見つけて一生懸命写真を撮ってたのは覚えているんだけど、ハイキングコースの記憶は全くない ww

 

f:id:ALNEA:20210324005424j:plain

α7RII / FE 55mm F1.8 ZA / 神奈川県 鎌倉市 山ノ内 / 去来庵 / 2020.8.8

 

帰りに何か飲みたくて、建長寺の近くにあった『 去来庵 』と言う古くて立派な和風建築のお店に入った沼おじさん。

敷居の高い日本料理屋に見えるが、実はビーフシチュー専門店 ww  この日はコロナもあって飲み物だけのカフェ仕様だった。

鎌倉市景観重要建築物に指定されるほど門構えも立派だから、入るのに躊躇してしまうけどアットホームで居心地のいいお店

 

f:id:ALNEA:20210324005418j:plain

α7RII / FE 55mm F1.8 ZA / 神奈川県 鎌倉市 山ノ内 / 去来庵 / ダルゴナコーヒー / 2020.8.8

 

古民家の様な店内の一番奥の座敷が空いていたので、迷いなくそこに陣取った。戸が開け放たれていたので足を突き出して縁側に座る。お庭も素敵で最高の居心地だ ww  メニューに『 ダルゴナコーヒー 』とあったので「 何ですかコレ? 」と聞くと「 最近流行ってるオシャレなヤツです 」と返ってきた。「 じゃぁ、それで 」と頼んで出てきたのがコレ・・ホントにオシャレやん、こんなの美味いに決まってるやん ww  コレも韓国から来た飲み物らしいですね。こんな場所で素敵なお庭を眺めながらのんびりと流行りものをすする贅沢・・ 鎌倉っていいよね ww

 

f:id:ALNEA:20210324005431j:plain

α7RII / FE 55mm F1.8 ZA / 神奈川県 鎌倉市 山ノ内 / 2020.8.8

 

去来庵から駅へ向かう途中の脇道にイカした旧車が停まっていた、可愛い車、色も素敵。何気ない景色も絵になる町だ。

裏道を適当にブラブラしてるだけでホント楽しいんだな、山の緑がいっぱいで気持ちがいいし、近くに海もあるしねぇ ww

 

f:id:ALNEA:20210324005439j:plain

α7RII / FE 55mm F1.8 ZA / 神奈川県 鎌倉市 山ノ内 / 2020.8.8

 

北鎌倉駅横の踏切。鎌倉の踏切ってなんかいいんだよね、来るたびにカメラを向けてしまうのは沼おじさんだけだろうか ww

今回は鎌倉駅からスタートしたけど、北鎌倉駅から帰ることにした。その逆もあるけど、鎌倉へ来るといつもそんな感じ。

と言うワケで、やたらとゾウムシ話をしてしまった鎌倉散歩『 建長寺の虫塚 』を確かめに行ったと言うお話でした ww

鎌倉はまだ紹介したいお店があるから、またそのうちに・・それでは〜

 

にほんブログ村 写真ブログへ

野良食堂

f:id:ALNEA:20210320003149j:plain

α7RII / FE 24-105mm F4 G OSS / 東京都 調布市 多摩川 / 2021.3.11

 

植物園からの帰り道・・京王多摩川駅の周辺をぶらっと一周していると、古いアパートの塀に凛と居座る野良猫を発見。

昼に駅近くのたい焼き屋で買ったたい焼き一個しか食べてなかったので、何か食べ物屋でもないかと歩いていたのだ・・

 

f:id:ALNEA:20210318003048j:plain

α7RII / FE 24-105mm F4 G OSS / 東京都 調布市 多摩川 / 京王フローラルガーデン・アンジェ / 2021.3.11

 

そう言えば前回の植物園の記事で書き忘れてたんだけど、園内にカップヌードルの自販機があったんだよね・・・

パーキングエリアとか若者の集まる娯楽施設ならわかるんだけど、植物園にこんなのがあるのは何か不思議な感じがした ww

懐かしさ・・と言うか、この機械を作動させたい欲求はあったんだけど、この時はたい焼きで腹が満たされていたのでやめた。

たい焼きは甘さ控えめアンの薄皮系、最近では珍しいくらい甘さ控えめだった。腹は満たされるけど気持ちが満たされない・・

 

f:id:ALNEA:20210320001725j:plain

α7RII / FE 24-105mm F4 G OSS / 東京都 調布市 多摩川 / 2021.3.11

 

それで帰り道、食い物を求めてぶらぶらしていたワケだが・・この野良もただここで日向ぼっこしているワケではなく・・

ここは食堂で、気のいい店主が注文せずとも出してくれる『 いつのもヤツ 』を待っているんだろうな www

それで腹が満たされなければ、また別の食堂でこうして席に着くのだろう。結局ここでは席に着く事のなかった沼おじさんは

カップヌードル食っとけば良かったなと思いつつ、最寄り駅のバーガーキングで腹も心も満たしたのでした ww 

 

にほんブログ村 写真ブログへ

マグノリア、サヨナラはまだ早い

f:id:ALNEA:20210318003233j:plain

α7RII / FE 24-105mm F4 G OSS / 東京都 調布市 多摩川 / 京王フローラルガーデン・アンジェ / 2021.3.11

 

さて『 マグノリア 』って聞いた事あると思うけど、何か知ってるかな?・・って聞いておいて沼おじさんは知らなかった ww

映画でもトム・クルーズの『 マグノリア 』とか、ジュリア・ロバーツの『 マグノリアの花たち 』とかね、聞いた事はあるんだ

でもそれが何かは考えた事が無かった・・実は『 マグノリア 』とは『 モクレン科 』の事だったんだね。知らなかったよ ww

 

f:id:ALNEA:20210318003403j:plain

α7RII / FE 24-105mm F4 G OSS / 東京都 調布市 多摩川 / 京王フローラルガーデン・アンジェ / 2021.3.11

 

何故そんな事を言い出したかと言えば、京王多摩川駅の隣にある『 京王フローラルガーデン・アンジェ 』に行ってきたから。

京王グループの施設だからほんと駅の直ぐ隣 ww  ここは沢山の『 マグノリア 』が見られる事で有名なんだって・・ただ・・

ここは今年の5月いっぱいで閉園してしまうそう・・そろってモクレン好きの沼おじさん夫婦としては一度は行っておきたい。

ちょうど先週の木曜日は代休を取っていたので、平日だし良い機会だから最初で最期と思って行ってきたワケだ ww

入り口の前はフラワーショップになっていてお花が沢山売っていた。大人は500円だったかな、券売機でチケットを買って入場

 

f:id:ALNEA:20210318003146j:plain

α7RII / FE 24-105mm F4 G OSS / 東京都 調布市 多摩川 / 京王フローラルガーデン・アンジェ / 2021.3.11

 

そこまで大きな植物園ではないけど、ちょっとした広場もあって十分散歩してまわるスペースはある。なかなか気持ちが良い。

園内は小川が横切って2エリアに分かれていた・・多分そんな場所だから水も利用できるし植物園が出来たんだろうね。

 

f:id:ALNEA:20210318003056j:plain

α7RII / FE 24-105mm F4 G OSS / 東京都 調布市 多摩川 / 京王フローラルガーデン・アンジェ / コブシ ( 八重 ) / 2021.3.11

 

そんな川沿いに咲くマグノリアが目についた、名札に『 コブシ 』と書いてあるけど、沼おじさんが知ってるコブシと違う・・

良く街中で見るコブシはモクレンを小さくしたような花弁の少ない花だけど、こいつは花弁がたくさん折り重なっているもんね

もう一度名札を良く見たら『 コブシ ( 八重 ) 』とある・・八重のコブシか、コブシも色々あるんだな・・他にも・・

 

f:id:ALNEA:20210318003102j:plain

α7RII / FE 24-105mm F4 G OSS / 東京都 調布市 多摩川 / 京王フローラルガーデン・アンジェ / ( 左 ) ウォーターリリー / ( 右 ) バレリーナ / 2021.3.11

 

左から淡いピンクの『 ウォーターリリー 』や『 バレリーナ 』と言った可愛い名前のマグノリアが花を咲かせていた。

これらもコブシの仲間・・コブシだけでも色々あるもんだね・・ハクモクレンと紫木蓮、コブシくらいだと思ってたよ ww

 

f:id:ALNEA:20210318003227j:plain

α7RII / FE 24-105mm F4 G OSS / 東京都 調布市 多摩川 / 京王フローラルガーデン・アンジェ / ハクモクレン / 2021.3.11

 

街中の街路樹でも多いから見てる人も多いと思うけど『 ハクモクレン 』は今が満開って感じだった。やっぱ良いなぁ木蓮

 

f:id:ALNEA:20210318003237j:plain

α7RII / FE 24-105mm F4 G OSS / 東京都 調布市 多摩川 / 京王フローラルガーデン・アンジェ / ハクモクレン / 2021.3.11

 

新宿御苑のハクモクレンの巨木も今頃満開で壮観だろうに・・緊急事態宣言で入れないから勿体無いね・・

 

f:id:ALNEA:20210318003114j:plain

α7RII / FE 24-105mm F4 G OSS / 東京都 調布市 多摩川 / 京王フローラルガーデン・アンジェ / イオランテ / 2021.3.11

 

隣に紫木蓮も・・名札を見たら『 イオランテ 』とある・・なんかゴジラに出てきた怪獣ビオランテを思い出す沼おじさん。

ビオランテゴジラと薔薇と少女の細胞が融合されて生まれたトリッキーな怪獣だった・・ 案外こいつが名前の元かもね ww

 

f:id:ALNEA:20210318003214j:plain

α7RII / FE 24-105mm F4 G OSS / 東京都 調布市 多摩川 / 京王フローラルガーデン・アンジェ / ヒヨドリ / 2021.3.11

 

以前『 汐浜運河脇の潮風の散歩道 』に立ち並ぶモクレン並木に『 ヒヨドリ 』が集まっていたと言うお話しをしたけど・・

 

f:id:ALNEA:20210318003206j:plain

α7RII / FE 24-105mm F4 G OSS / 東京都 調布市 多摩川 / 京王フローラルガーデン・アンジェ / ヒヨドリ / 2021.3.11

 

ここアンジェのマグノリアの木々にもヒヨドリを沢山見ることができました。みんな花弁をちぎってモグモグ食べてましたよ

咲き終わって落ちたのもあるだろうけど、この時期花弁が無くなっているのは殆どヒヨドリの仕業なのではないかと思う ww

 

f:id:ALNEA:20210318112933j:plain

α7RII / FE 24-105mm F4 G OSS / 東京都 調布市 多摩川 / 京王フローラルガーデン・アンジェ / 熱海桜とヒヨドリ / 2021.3.11

 

ヒヨドリモクレンだけではなく桜の木でも蜜をチュウチュウしてました ww  この桜は『 熱海桜 』早咲きの桜だから満開。

チュウチュウしてたのはヒヨドリだけではなく『 メジロ 』ちゃんもたくさん飛び回って、花にクチバシを突っ込んでいた。

 

f:id:ALNEA:20210318003244j:plain

α7RII / FE 24-105mm F4 G OSS / 東京都 調布市 多摩川 / 京王フローラルガーデン・アンジェ / 熱海桜とメジロ / 2021.3.11

 

ヒヨドリの他にも小さな小鳥が沢山飛んでいて、その中でも白黒の可愛いやつを撮りたかったんだけどすばしっこくて断念。

 

f:id:ALNEA:20210318182231j:plain

α7RII / FE 24-105mm F4 G OSS / 東京都 調布市 多摩川 / 京王フローラルガーデン・アンジェ / ピンボケのエナガ / 2021.3.11

 

かろうじて模様がわかるピンボケ写真で調べたら『 エナガ 』だった・・最近ブームの『 シマエナガちゃん 』の仲間だね。

丸っこくて超可愛いかったんだよな・・どうしても撮りたかったんだけど、動きの止まる時間が短すぎて全然ダメでしたわ ww

 

f:id:ALNEA:20210318003251j:plain
f:id:ALNEA:20210318003311j:plain
α7RII / FE 24-105mm F4 G OSS / 東京都 調布市 多摩川 / 京王フローラルガーデン・アンジェ / ( 左 ) アカバザクラ / ( 右 ) セイヨウミザクラ / 2021.3.11

 

他には『 ベニバスモモ ( アカバザクラ ) 』や『 セイヨウミザクラ 』と言った桜が園内に点々と花を咲かせていた・・

右の写真、セイヨウミザクラは名前に『 ミ ( 実 )  』と付いているだけあって、食用のサクランボが実る桜なんだってさ。

 

f:id:ALNEA:20210318003159j:plain

α7RII / FE 24-105mm F4 G OSS / 東京都 調布市 多摩川 / 京王フローラルガーデン・アンジェ / フクジュソウとツクシ / 2021.3.11

 

足元ではフクジュソウの横にツクシが一本生えているのを発見、もう春だね www  木だけじゃなく花も一杯植えられている

 

f:id:ALNEA:20210318003325j:plain

α7RII / FE 24-105mm F4 G OSS / 東京都 調布市 多摩川 / 京王フローラルガーデン・アンジェ / ルピナス / 2021.3.11

 

これは『 ルピナス 』と言う花。すごく西洋な雰囲気だけど白川郷へ行った時、合掌造りのお家の庭にこれが植えられていた。

田んぼとルピナスと合掌造り・・それが案外よく似合ってたんだよね、こう見えてどこにでも馴染むキャパのある花だ ww

 

f:id:ALNEA:20210318003152j:plain
f:id:ALNEA:20210318003332j:plain
α7RII / FE 24-105mm F4 G OSS / 東京都 調布市 多摩川 / 京王フローラルガーデン・アンジェ / ( 左 ) ポンポンデージー / ( 右 ) ケイトウ / 2021.3.11


他には最近街中の花壇でも見るポンポンみたいな花、名前を調べたらそのまま『 ポンポンデージー 』だった ww  可愛いよね。

右側の少し変わった花は『 ケイトウ 』と言うヒユ科の花だって・・形の違う色んな種類があるみたい。

 

f:id:ALNEA:20210318003318j:plain

α7RII / FE 24-105mm F4 G OSS / 東京都 調布市 多摩川 / 京王フローラルガーデン・アンジェ / オオイヌノフグリ / 2021.3.11

 

これはもう植えてあるのか勝手に生えたのか分からない『 オオイヌノフグリ 』 道端でも何処でも生えてるけど好きな花だ。

 

f:id:ALNEA:20210318003337j:plain

α7RII / FE 24-105mm F4 G OSS / 東京都 調布市 多摩川 / 京王フローラルガーデン・アンジェ / 2021.3.11

 

マグノリアや桜だけではなくそんな花々が足元も賑やかに飾っているから、上を見上げたり下にしゃがみ込んだり大変だ ww

  

f:id:ALNEA:20210318003344j:plain

α7RII / FE 24-105mm F4 G OSS / 東京都 調布市 多摩川 / 京王フローラルガーデン・アンジェ / ユキワリソウ / 2021.3.11

 

でもそうしてあちこち回っていると、さりげなく『 ユキワリソウ 』の小さな花が咲いていたりする。小さくても花弁が凄い

 

f:id:ALNEA:20210318003258j:plain

α7RII / FE 24-105mm F4 G OSS / 東京都 調布市 多摩川 / 京王フローラルガーデン・アンジェ / 2021.3.11

 

そんな小さな発見の喜びと何だコレ?って言う興味を引き出してくれるから、来てみると楽しいんだよなぁ、植物園って ww
 

f:id:ALNEA:20210318003304j:plain

α7RII / FE 24-105mm F4 G OSS / 東京都 調布市 多摩川 / 京王フローラルガーデン・アンジェ / ユキヤナギ / 2021.3.11

 

園内の端っこでひっそりと咲き乱れていた『 ユキヤナギ 』ここにしか無かったと思うけどやっぱり存在感あるな ww

 

f:id:ALNEA:20210318003125j:plain

α7RII / FE 24-105mm F4 G OSS / 東京都 調布市 多摩川 / 京王フローラルガーデン・アンジェ / シャクナゲモドキ / 2021.3.11

 

コレは『 シャクナゲモドキ 』背の高い木だったけど、花がつりさがる様に生えてるから、下から見上げて丁度綺麗に見える。

園内には他にも色んな木が植えられていた。植物園だからね、時期をずらして様々な花が咲く様になっているんだろう・・

 

f:id:ALNEA:20210318003356j:plain

α7RII / FE 24-105mm F4 G OSS / 東京都 調布市 多摩川 / 京王フローラルガーデン・アンジェ / 2021.3.11

 

再び本道へ戻って紫木蓮ゾーンへ・・前半のビオラ・・いや『 イオランテ 』もそうだけど、紫木蓮も色んな種類がある。

 

f:id:ALNEA:20210318003139j:plain

α7RII / FE 24-105mm F4 G OSS / 東京都 調布市 多摩川 / 京王フローラルガーデン・アンジェ / アレキサンドリナ / 2021.3.11


コレは『 アレキサンドリナ 』と言うマグノリア。紫木蓮は白木蓮より開花が遅いので、まだ完全には開いていなかった。

 

f:id:ALNEA:20210318003119j:plain

α7RII / FE 24-105mm F4 G OSS / 東京都 調布市 多摩川 / 京王フローラルガーデン・アンジェ / アレキサンドリナ / 2021.3.11

 

アレキサンドリナは紫木蓮と白木蓮の自然交雑種と言うから、色味も開花の順番も中間的なマグノリアなんだろうね。

 

f:id:ALNEA:20210318003132j:plain

α7RII / FE 24-105mm F4 G OSS / 東京都 調布市 多摩川 / 京王フローラルガーデン・アンジェ / サラサモクレン / 2021.3.11

 

そのハイブリッド系の代表的なのがこの『 サラサモクレン 』らしい。名札がないとアレキサンドリナと違いが分からんけど

要は『 ハクモクレン、サラサモクレン、シモクレン 』で大三元って感じなのかな ww  ここで一つ注意点を・・・

木蓮の方がメジャーで、混乱するから紫木蓮って言ってるけど、本来はシモクレンがノーマル『 モクレン 』なんだよね。

だから厳密にはこのサラサ系を紫木蓮言ってはいけないんだけど・・そんなの名札がないとわかる人は少ないだろうよ ww

 

f:id:ALNEA:20210318155039j:plain

α7RII / FE 24-105mm F4 G OSS / 東京都 調布市 多摩川 / 京王フローラルガーデン・アンジェ / フクジュ / 2021.3.11

 

一番色の濃かった『 フクジュ 』と言うマグノリアは殆ど蕾状態だった。ほぼ紫だけどこのフクジュもサラサ系の品種らしい。

あれ、じゃぁノーマル『 モクレン 』は何処にあったんだ?・・・他にも紫のヤツが色々あったから見落としたのかも ww

何れにしてもモクレンが咲き終わるのを見届けて閉園と言うことなんだろう・・せっかくいい所見つけたのになぁ・・・

 

f:id:ALNEA:20210318003847j:plain

α7RII / FE 24-105mm F4 G OSS / 東京都 調布市 多摩川 / 京王フローラルガーデン・アンジェ / サルスベリとミノムシ / 2021.3.11

 

サルスベリの木で見たミノムシ君は無事に成虫になれるんだろうか・・もっと早く知っていれば毎年足を運んだ事だろう・・

サヨナラの前に大好きな『 モクレン 』の事を色々学ばせてもらえてホントに良かった・・最後にもう一つ紹介しよう。

 

f:id:ALNEA:20210318003107j:plain

α7RII / FE 24-105mm F4 G OSS / 東京都 調布市 多摩川 / 京王フローラルガーデン・アンジェ / マグノリア・サヨナラ / 2021.3.11

 

まだ咲いてなかったこのマグノリアの名前は『 サヨナラ 』・・そのサヨナラもまだ蕾・・サヨナラにはまだ早いって事で ww

5月31日までは営業してるみたいですからね、モクレン好きな人はまだ間に合いますよ〜 www

 

f:id:ALNEA:20210318003221j:plain

α7RII / FE 24-105mm F4 G OSS / 東京都 調布市 多摩川 / 京王フローラルガーデン・アンジェ / ヒヨドリ / 2021.3.11

 

早く行かないとヒヨドリに全部食べられちゃうかも ww  長くなってしまったけど、早く紹介しないと閉園してしまうからね。

んなワケで『 京王フローラルガーデン・アンジェ 』でマグノリア三昧してきたと言うお話でした・・あ、そう言えば・・

 

f:id:ALNEA:20210318185304j:plain

α7RII / FE 24-105mm F4 G OSS / ハクモクレンの芽 / 2021.3.13


以前拾ってきたモクレンの種が発芽しました ww  今は4つ発芽しています。コブシの種も植えたけどまだ全然動きなし。

今年は空っ風にやられないように慎重に育てたいと思う沼おじさんです ww  それでは〜

 

にほんブログ村 写真ブログへ

チェコの列車旅 #3 プラハの入り口

f:id:ALNEA:20210306120030j:plain

α7RII / FE 55mm F1.8 ZA / チェコ / プラハ / プラハ・マサリク駅 / 2018.5.31

 

さて今日はチェコの列車旅シリーズ・・前回クトナー・ホラから出発して『 プラハ・マサリク駅 』に到着した沼おじさん。

本当は『 プラハ本駅 』に到着予定だったんだけど・・乗る電車を間違えて、何故かここマサリク駅に降り立ったのでした ww

 

f:id:ALNEA:20210305004122j:plain

RX100 M3 Vario-Sonnar T* 24-70mm F1.4-2.8 / チェコ / プラハ / プラハ・マサリク駅 ホーム / 2018.5.30

 

ここは終着駅だから電車から降りると、今までとはまた違ったタイプの電車が色々停まっていた・・真ん中のヤツは古そうだね

車体番号をみると『 810系 』とある。調べてみたらこいつはディーゼル機関車みたい・・まだオール電化してないんだなぁ。

カナダでもディーゼル列車に乗った。大陸は国際線もあったりするから、行き先によっては電車じゃダメな場合もありそうだ。

スロバキア方面から来てるのかもしれないね・・でも国際線は『 プラハ本駅 』の方だった気がする・・まぁ、いいや・・

 

f:id:ALNEA:20210305004133j:plain

RX100 M3 Vario-Sonnar T* 24-70mm F1.4-2.8 / チェコ / プラハ / プラハ・マサリク駅 / 2018.5.30

 

何れにしてもゴリゴリの現代的な電車に挟まれて、古い電車ではなくディーゼル列車が停まっている光景はちょっと面白い ww

両脇の電車はモデルこそ違うけど同じ都市間列車で、971系『 シティ・エレファント 』と言う象の名前が付けられた電車。

そう言えば、以前『 オトコロヴィツェ駅編 』で見たエヴァ2号機みたいな電車も『 レギオ・シャーク 』って名前だったなぁ。

他には『 レギオ・パンター 』と言う電車もある。パンターはヒョウの事だから皆んな動物の愛称が付けられているワケだ ww

f:id:ALNEA:20210305004127j:plain

RX100 M3 Vario-Sonnar T* 24-70mm F1.4-2.8 / チェコ / プラハ / プラハ・マサリク駅 / 2018.5.30


切符売り場はあるけど、日本みたいにホームから出るのに改札の様なモノは無い。電車内で車掌さんに切符を見せるだけだ。

海外だと予約した電車に乗る時は、QRコードを表示したスマホ画面を見せれば車掌さんが端末で読み取ってくれたりする。

電車好きの人だったら切符がなくても自由にホームに入れるワケで、観光ついでに海外の車両をいくらでも愛でられるね ww

 

f:id:ALNEA:20210306113214j:plain

RX100 M3 Vario-Sonnar T* 24-70mm F1.4-2.8 / チェコ / プラハ / プラハ・マサリク駅 / 2018.5.31

 

古い時代の名残かな柱の装飾が厳ついね ww  時計を見ると7時半をさしている。朝じゃないよ、外が明るいけど19時半ね。

荷物もあったし一旦ホテルにチェックインして身軽になって戻って来たのでした。別に駅に戻ったワケではないんだけど・・

 

f:id:ALNEA:20210305004210j:plain

α7RII / FE 55mm F1.8 ZA / チェコ / プラハ / プラハ・マサリク駅 / 2018.5.31

 

適当に街ブラしてたらマサリク駅の前に出たんで、ついでに覗いてみた次第。新しい街に到着した時って早く街に出たいから

駅をのんびり見てまわるって事は先ずないよね ww  プラハの後はバスで空港へ向かったので駅を見る時間はあまり無かった。

でもちょっと立ち寄って覗いただけでも構内にピアノが置いてあったり、そんな新しい発見が街の情景を豊かにしてくれる。

 

f:id:ALNEA:20210305004146j:plain

RX100 M3 Vario-Sonnar T* 24-70mm F1.4-2.8 / チェコ / プラハ / プラハ本駅 / 2018.6.1

 

因みに翌日『 プラハ本駅 』にも行ったんだよね、空港へのバス乗り場が本駅にあったんで場所だけ確認しに来たのでした。

本駅だけあってホームも規模がデカい。構内は思ってたより現代的・・というか80年代くらいが全盛期って感じの新しさ ww

ホームの雰囲気は悪くないんだけど、切符売り場とかその辺がちょっと雑然と暗い雰囲気で好きでは無かったな・・でも・・

 

f:id:ALNEA:20210306004812j:plain

RX100 M3 Vario-Sonnar T* 24-70mm F1.4-2.8 / チェコ / プラハ / プラハ本駅 / 2018.6.1

 

正面入り口のフロアだけは円形の吹き抜けになっていて、レトロな装飾が残っている。ここだけやたらと豪華なんだよな ww

 

f:id:ALNEA:20210305004151j:plain

RX100 M3 Vario-Sonnar T* 24-70mm F1.4-2.8 / チェコ / プラハ / プラハ本駅 / 2018.6.1

 

入り口の上は大開口のステンドグラスになっているから、光を浴びたクリーム色の壁が金色に輝いてとても綺麗だった。

 

f:id:ALNEA:20210306004819j:plain

RX100 M3 Vario-Sonnar T* 24-70mm F1.4-2.8 / チェコ / プラハ / プラハ本駅 / 2018.6.1

 

上を見上げるとドーム状になってる・・つまり外観も古い教会の様なイカした建物なんだけど、正面の外観は見てなかった orz

それを見てたらこの本駅の印象も変わっていたと思うんだけど・・まぁ、全てが上手くいくワケではないと言う事だ www 

なんで外観を見なかったかと言えば・・出入り口の目の前にバス乗り場があったからだ。当然といえば当然の話だね・・

 

f:id:ALNEA:20210306004825j:plain

RX100 M3 Vario-Sonnar T* 24-70mm F1.4-2.8 / チェコ / プラハ / プラハ本駅 バス乗り場 / 2018.6.1

 

道路向こうに見えるガラスドームはバス乗り場のエレベーターで、地下で繋がっている。乗り場があっち側だったらなぁ・・

沼おじさんの乗り場はこっち側だったから、離れて駅舎の外観を眺める事が出来なかったワケだ。そんな話・・

でもプラハの到着駅が『 マサリク駅 』になったのは、間違いだったけど結果として正解だったなと思っている沼おじさん。

本駅は場所が繁華街から少しだ外れている。少しなんだけどかなり雰囲気が違うんだよね、本駅周辺はちょっと寂しいの・・

 

f:id:ALNEA:20210308202655j:plain

RX100 M3 Vario-Sonnar T* 24-70mm F1.4-2.8 / チェコ / プラハ / プラハ・マサリク駅前 / 2018.5.30

 

やっぱりプラハに来たら駅を出た瞬間こんなふうに、レトロな路面電車が狭い通路をぐわ〜んと迫って来たりする方がいい

ここはマサリク駅の目の前の通り。こんな感じでトラムと言う路面電車があっちからこっちへ何台も行き交っているんだよ。

この華やかな都市の喧騒が、うわぁプラハ来たぁ〜ってなるの ww  そう言うファーストインプレッションって大事よね ww

 

f:id:ALNEA:20210306004831j:plain

α7RII / FE 55mm F1.8 ZA / チェコ / プラハ / プラハ・マサリク駅前 / 2018.5.31

 

ガヤガヤしててもこの街並みだし、むしろプラハにはそんな華やかさを求めているからマサリク駅って凄くいい場所にある。

右手にちょっとかじっているのがマサリク駅ね。この辺りは新市街になるのかな、建物は綺麗めだけど見応えのある街並み。

大まかに言うと、ゴチャゴチャカラフルな旧市街から離れるほど建物は綺麗で現代的な感じになっていく感じかな・・

そう言う意味でこの辺はその中間って感じで、プラハに到着して最初に見る景色としてはかなりいいトコいっているワケだ。

本駅周辺はもうちょっと旧市街から外れているから建物は綺麗なんんだけど、その綺麗さが何か寂しさを呼ぶんだよね ww

 

f:id:ALNEA:20210305004157j:plain

α7RII / FE 55mm F1.8 ZA / チェコ / プラハ / プラハ・マサリク駅前 / 2018.5.31

 

このトラムを追っかけて角を曲がると正面に旧市街の黒門が見えてくるんだけど、この時点でかなり興奮していた沼おじさん。

コレはその時撮った写真では無いけどね、でもマサリク駅前のこの通路はかなり印象深い景色として思い出に残っているよ ww

まぁどこから来るかにもよるだろうけど、プラハに列車で来るならば『 マサリク駅 』で降りるといいかもね、と言うお話。

ほんとは『 トラム 』のことも話したかったんだけど、長くなるからまた別でお話しましょうね。と、言うワケで・・・

チェコの列車旅シリーズ 』はお終い。でもチェコの写真は山ほどあるからまだまだ別シリーズは続きます。それでは〜

 

にほんブログ村 写真ブログへ