ALNEA note

沼おじさんの趣味と興味の世界

鉄砲木ノ頭ハイキング - シメはやっぱり

f:id:ALNEA:20191205123843j:plain

α7RII / FE 55mm F1.8 ZA / 山梨県 山中湖村 / 鉄砲木ノ頭 ( 明神山 ) / 2019.11.16

 

今日もハイキングの続き・・鉄砲木ノ頭頂上からのススキの道を下ってパノラマ台まで降りてきた沼おじさんだったが・・・

まだハイキングコースは終わっていない。これから最後の林道を抜けて平野のバス停へ戻るんだけど・・一旦コースを再確認。

 

f:id:ALNEA:20191206123738j:plain

今回の鉄砲木ノ頭 ( 明神山 ) ハイキングルート

 

パノラマ台の駐車場から、マップの緑色で書いた林道に行きたい・・でも道路を通って行くと結構遠回りになってしまう・・

そこで青色の部分をショートカットして行く事にした。一応人が通れる道は出来ているんだけど、獣道みたいなものだ。

50cmくらい駐車場の縁石を無理やり降りて行く感じだから、不安な人は道路から行ったほうがいい www

 

f:id:ALNEA:20191203123317j:plain

α7RII / FE 55mm F1.8 ZA / 山梨県 山中湖村 / 平野 / 2019.11.16

 

でもこのショートカットコースの途中でなかなかいい撮影ポイントがあった。やっぱ下へ行くほどススキの白い穂が残ってるね

反対側から来ると分かり易いんだけど、駐車場からだとこの道は気づかないかもしれない www

 

f:id:ALNEA:20191203123353j:plain

α7RII / FE 55mm F1.8 ZA / 山梨県 山中湖村 / 平野 / 2019.11.16

 

さて、一旦道路を横切って林道へ入った。この前の大雨で大量の水が流れたとみえ、道がえぐれたり少々足場が悪かったが・・

大きな起伏もなく緩やかな傾斜を進んで行くだけだから、背の高い木が立ち並ぶ林の中は意外と開放的で気持がいい。

 

f:id:ALNEA:20191203123358j:plain

α7RII / FE 55mm F1.8 ZA / 山梨県 山中湖村 / 平野 / 2019.11.16

 

林道を抜け道路に出た。こっち側から来る人の方が多いのかな『 三国山・パノラマ台ハイキングコース 』と道標がありました

上のマップの緑の林道から赤いラインに変わる黒丸の部分がここになります。

後は道路に沿ってバス停方向に歩いて行くだけだ・・周遊バスの一日券もあったけど、時間が合わなかったので歩いて行くぜ。

 

f:id:ALNEA:20191203123404j:plain

α7RII / FE 55mm F1.8 ZA / 山梨県 山中湖村 / 鉄砲木ノ頭 ( 明神山 ) / 2019.11.16

 

途中で鉄砲木ノ頭が横に見えた・・こんな山でしたよ。上から下まで小麦色の部分がぜ〜んぶススキ・・面白かったなぁ。

この山のススキだけで日本中の茅葺屋根を葺き替えできるんじゃないか www  刈り取って何かに利用したりするのかなぁ・・

このまま帰っても良かったんだけど、近くに温泉があるというので寄って行くことにした・・やっぱシメは温泉だよね。

 

f:id:ALNEA:20191203123410j:plain

α7RII / FE 55mm F1.8 ZA / 山梨県 山中湖村 / 平野 / 2019.11.16

 

『 石割の湯 』って言う温泉、平野のバス停辺りから歩いて 20分くらいだったか・・そこそこな距離だった・・・

でも温泉にバス停があるから歩かなくてもいける。沼おじさんは歩いたけどね・・写真も撮りたいし www

 

f:id:ALNEA:20191203123610j:plain

HUAWEI Mate10 Pro / 山梨県 山中湖村 平野 / 石割の湯 / 2019.11.16

 

こんな所・・今工事中で12月の中頃まで露天風呂が入れないけど、良質な高アルカリ性温泉なんだって。

早朝からず〜と移動し続けて疲れてたから、もはやどんな温泉に入っても最高って感じだよね www  いい湯でした・・

 

f:id:ALNEA:20191203123427j:plain

HUAWEI Mate10 Pro / 山梨県 山中湖村 平野 / 石割の湯 / 2019.11.16


妻が出てくるまで喫煙所でこっそり一人コーヒー牛乳を頂く沼おじさん www  この後、外でバスを待ってたんだけど・・

全然こねぇ・・バス待ちの人がどんどん増えてくる・・・バスが来るまで建物の中にいたい所だけど、周遊バスは小ちゃいから

並んでないと災厄の場合乗れなくなる・・結局バスが来たのは予定時間の 30分後だ・・・すっかり身体も冷えてしまった。

このバスを使う人は電車の予定時間とかある場合気をつけた方がいい・・ほんとルーズだから www

 

f:id:ALNEA:20191203123416j:plain

α7RII / FE 55mm F1.8 ZA / 山梨県 山中湖村 / 鉄砲木ノ頭 ( 明神山 ) / 2019.11.16

 

まぁ、でも待ってる間にチラ見え夕焼け富士山や『 イカした駐車場 』シリーズの新規物件も撮影できたのでよしとしよう。

富士に始まり富士で終わる・・富士三昧の一日・・日帰り強行ハイキングで疲れたけど、とても良い体験ができました www

 

やっぱり『 富士山っていいなぁ 』と思うばかりの沼おじさんです www

 

にほんブログ村 写真ブログへ

かやぶきの里 - 茅干しの風景

f:id:ALNEA:20191208231641j:plain

SD quattro / 18-200mm F3.5-6.3 DC Macro HSM Contemporary / 京都府 美山町 / 2016.12.5


秋になると田んぼでこんな景色をよく見ますが・・あれぇ? ・・これは田んぼじゃないな・・・というのも・・・

ここは京都の山奥の美山町・・茅葺屋根の家ばかりが集まる北集落『 かやぶきの里 』と呼ばれるエリアの風景なのだ。

茅葺屋根の材料といったら『 ススキ 』ですよね・・よく見れば一面ぜんぶススキだ・・これがいわゆる『 茅場 』というやつか

鉄砲木ノ頭のススキはだいぶ穂が散ってしまってたけど、ここは12月でもフサフサ。あの山がこんな状態だったら凄いだろうな

 

f:id:ALNEA:20191208223517j:plain

SD quattro / 18-200mm F3.5-6.3 DC Macro HSM Contemporary / 京都府 美山町 / 2016.12.5

 

よく見ると少量ずつ束ねたものをひと塊にまとめている様だ・・こんな雨ざらしで乾燥できるのかって思っちゃうけど・・

そもそも茅葺き屋根は雨ざらしだもんな ww  こうやって円錐形にギュウギュウに束ねておけば中まで雨は浸透しないんだろう

必要に応じた様々な技術があるものだ・・・こんなものをどこか屋根の下に保管となったら相当な場所をとってしまう。

小さく見えるかもしれないけど、この一束が人の背丈以上ありますからね www

白川郷とか五箇山のほうは各家に専用の茅場があると聞いたけど、この辺りもそんな感じなのかな・・・

美山の茅葺きの家は白川郷の合掌造りの家みたいに屋根は大きくない・・それでも相当な量の茅を使うんでしょうね。

屋根の材料以外にも家畜の餌とか様々な利用方法があるそうだけど・・こんな地域のこの時期ならではの風景・・いいですね〜

 

にほんブログ村 写真ブログへ

工場夜景の思い出

f:id:ALNEA:20191210235036j:plain

E-P1 / Carl Zeiss Ultron 50mm F1.8 M42 / 川崎市 千鳥町 / 2010.11.20


 これも古い写真だが・・一時期『 工場夜景 』にハマっていて川崎の京浜工業地帯によく足を運んでいた沼おじさん www

千鳥町から運河越しに見える対岸の工場群を撮ったのかな・・この辺りではここが一番好きな部位だ。

でもこの頃はまだデジタルカメラを手に入れたばかりで、デジタル用の新しいレンズを殆ど持ってなかったんだなぁ・・・

しかたなくオールドレンズで撮ってたけど、逆光に弱いのが逆にホンワリして味になってるか www

そもそもオリンパスの PEN-FT っていうフィルムカメラにオールドレンズを着けて遊び始めたのがカメラにハマったキッカケ。

だから最初に買ったデジタルカメラも PENシリーズのデジタル版『 E-P1 』だったワケ。

その後、ピンホールカメラとかトイカメにハマり・・昆虫マクロ撮影に明け暮れたのち、現在に至ると行った感じだ www

この写真を見てたら今使ってる機材でまたいつか撮りに行きたいなぁと思い始めた沼おじさんです。

工業地帯は人懐っこい野良猫がいっぱい居て楽しいんだよ。トイカメとかで撮りまくってたなぁ・・懐かしい www

 

にほんブログ村 写真ブログへ

南禅寺水路閣

f:id:ALNEA:20191208223535j:plain

SD quattro / SIGMA 24mm F1.4 DG HSM Art / 京都市 南禅寺 / 水路閣 / 2016.12.6

 

レンガ造りのアーチ橋といったら碓氷のめがね橋を思い出すけど、これは京都の南禅寺の境内にある『 水路閣 』と言う橋だ。

橋といってもご覧の通り下に川があるワケではなく、明治時代に琵琶湖から京都市内へ水を運ぶために造られた水道橋。

この上を水が流れてるんだね・・南禅寺の境内を通る部分だけ景観を損なわない様にこんな立派な橋が造られた様だ。

上の水路幅は 2.4mくらいあるから、昔は船で物資を運ぶ水路としても利用していたんだって・・

全長 93m あるからなかなか見応えのある建造物だ。年季を感じるけど、それがカッコいいね・・しかも現役ってのがイカす。

 

にほんブログ村 写真ブログへ

鉄砲木ノ頭ハイキング - ススキの道

f:id:ALNEA:20191203123209j:plain

α7RII / FE 55mm F1.8 ZA / 山梨県 山中湖村 / 鉄砲木ノ頭 ( 明神山 ) / 2019.11.16

 

さて、今日は鉄砲木ノ頭の頂上からススキ野原を下っていきましょう〜  上でランチを食べて出発したのは 14時くらいかな

すでに逆光で霞んでますが・・こうやって富士山を正面に眺めながらススキの間の小道を下っていくのは最高の気分 www

 

f:id:ALNEA:20191205134421j:plain

α7RII / FE 55mm F1.8 ZA / 山梨県 山中湖村 / 鉄砲木ノ頭 ( 明神山 ) / 2019.11.16

 

山の中腹で来た道を振り返ると・・もはや小麦色のススキ山だ・・ほんと一面ススキしかないのね・・・面白い www

でも、ここまで降りてきてもススキの穂は全部散ってしまっていますね・・これに全部白い穂が付いてたらどんなだろうか・・

よくこんな感じでまたここへ来る楽しみをイメージしながら歩いている沼おじさんです。

 

f:id:ALNEA:20191203123231j:plain

α7RII / FE 55mm F1.8 ZA / 山梨県 山中湖村 / 鉄砲木ノ頭 ( 明神山 ) / 2019.11.16

 

再び下り始めると所々で白い穂を付けたススキが見られるようになってきた・・標高の気温差で穂が散る時期が違うようだ

妻が止まって撮影していたので休憩・・何気に富士山にかかった雲も散り始めていた・・・

 

f:id:ALNEA:20191206105610j:plain

 

ついでに撮影・・・ススキってほんと風情あるよね。秋といったら紅葉もいいけどススキを忘れちゃいけないね www

でもせっかくこんな山に来たんだから一面こういった白い穂がキラキラしている様な場所をさがしている沼おじさん・・・

 

f:id:ALNEA:20191205123834j:plain

α7RII / FE 55mm F1.8 ZA / 山梨県 山中湖村 / 鉄砲木ノ頭 ( 明神山 ) / 2019.11.16

 

横には山中湖畔に広がる街並みが見える・・こちら側は太陽が背中側にあるから割とシャッキリ見えた。

富士山もこれくらい見えたらよかったが・・逆光ならではの光というのもあるからねぇ www

 

f:id:ALNEA:20191203123236j:plain

α7RII / FE 55mm F1.8 ZA / 山梨県 山中湖村 / 鉄砲木ノ頭 ( 明神山 ) / 2019.11.16

 

あぁ、そうこういう感じ。ここ惜しいな・・少し道が開けていた場所。こういう感じでススキに穂がたくさん付いてれば・・

な〜んて、無い物ねだりをしがちな沼おじさんだったが・・さりげなく光は変化し始めていた。

下の『 パノラマ台 』の駐車場側から登ってくる人たちと挨拶しながら更に下って行く・・・

 

f:id:ALNEA:20191205123839j:plain

α7RII / FE 55mm F1.8 ZA / 山梨県 山中湖村 / 鉄砲木ノ頭 ( 明神山 ) / 2019.11.16

 

本当にいい道だなぁ・・こんな景色を眺めながらハイキングできるだけでも十分満足な沼おじさん www

でもここから先は少々足場が悪くなって下るのも大変だった・・それなりの靴を履いてないとちょっと危ないかも・・

このススキの道はとてもいい体験ができると思うので是非登って欲しいけど、ドライブがてら流れで登る人は履物に注意。

なんて言ってるうちに『 パノラマ台 』まで降りてきて来てしまったが・・・

 

f:id:ALNEA:20191206114535j:plain

α7RII / FE 55mm F1.8 ZA / 山梨県 山中湖村 / 鉄砲木ノ頭 ( 明神山 ) / パノラマ台駐車場 / 2019.11.16

 

標高差でススキの白い穂も残っていた・・ しかもさっきまで邪魔もの扱いしてた雲と景色をくすませる逆光がタッグを組んで

富士山に美しい光芒を添えてくれた・・無いものねだりなんてしてはいけないね。その場、その時の良さを探すべきなのだ。

大事なことに気づかせてもらって富士山に感謝する沼おじさんでした www 

無理に登らなくても『 パノラマ台 』も素敵な眺望なので普通にドライブとかだったらここでも十分かもね。

天気や時期、時間によって最適な場所は常に変わる・・・それを探して歩き回るのはとても楽しい www

じゃぁ、帰ろうか・・って、いやいやまだハイキングは終わってないの・・ドライブじゃないしね・・もうちょっとつづく ww

 

にほんブログ村 写真ブログへ

ネピアンポイントの夕暮れ

f:id:ALNEA:20191029133447j:plain

α7RII / FE 24-105mm F4 G OSS / カナダ オンタリオ州 / オタワ / ネピアン・ポイント / 2019.9.29

 

以前紹介したオタワの国会議事堂や対岸のガティノーの街を眺望できる丘『 ネピアンポイント 』へ登って行った沼おじさん

夕暮れ前の大空は海岸に打ち寄せる波のように丘の上の旅人たちの心を洗う・・ハズが・・どこへ行っても若者はスマホに夢中

チェコかどっかの静かで綺麗な裏路地の壁にポツンと歩きスマホをしている人のシルエットが描いてあったのを思い出す・・・

まぁ、恋人と一緒にとか夫婦で一緒にとかじゃなかったら、沼おじさんもこんな感じだろうなとは思うが www

 

にほんブログ村 写真ブログへ

ボヘミアンラプソディ

f:id:ALNEA:20191204173118j:plain

α7RII / FE 55mm F1.8 ZA / チェコ Praha / 旧市街 / 2018.5.31

 

プラハの街に明かりが灯り始めた・・チェコは 21時くらいまで暗くならないから街灯が灯るって事はそれなりの時間だ。

そんなせいもあって旧市街広場のあたりは時間を忘れた人々が夜遅くまで楽しんでいる・・沼おじさんもその一人だった www

 

f:id:ALNEA:20191205160043j:plain

α7RII / FE 55mm F1.8 ZA / チェコ Praha / 旧市街広場 / ヤン・フス像 / 2018.5.31

 

旧市街にひしめき合う建物の屋根には聖人からアート様々な彫像が立ち並び、暗くなるとそのシルエットが夜空に浮かび上がる

今日のシルエットは『 聖ミクラーシュ教会 』をバックに、旧市街広場の中央で堂々と空を仰ぎ見る『 ヤン・フス像 』だ・・・

この人が例の宗教戦争の『 フス 』か・・クトナーホラの墓地教会の記事を書いた時にちょっと出てきたんだよね。

かつてのボヘミア・・・カトリック教会の高位聖職者のほとんどはドイツ人で占められていた・・・次第に宗教と政権の垣根が

曖昧でキナ臭くなっていた時代に、フスは宗教とはこうあるべきと聖書主義を説いて破門され火あぶりにされてしまった・・

その後起きたフス派とドイツ系十字軍との戦いが『 フス戦争 』この戦いでフス派は一時的に大勝利し理想的な王国を築いた

最終的にはカトリック教会の勝利となったけど、この出来事は深くボヘミア人の心に刻みこまれたのだろう。

この戦争の犠牲者数千人の遺骨はクトナーホラに眠っているという・・・

以前アップしたキリスト像の横にあったドクロのオブジェ ( 聖体顕示台 ) はこの戦争の死者の髑髏で出来ていたんだって・・

フスは生死を分ける問いに最後まで異端を認めず、処刑前に残した『 真実は勝つ 』と言う言葉は国の標語にもなっているそう

ボヘミアの時代から長く支配の続いたこの国にとって、フスと言う人物は独立への象徴的人物だったんでしょうね。

 

にほんブログ村 写真ブログへ